濁水処理の様々な種類│最新のシステムを活用した処理とは

笑顔の男性

借家の維持に必要なこと

室内

現状回復は原状回復と言葉として扱われていますが、言葉の意味合いとして正しいのは原状回復です。原状回復は賃借人が家を明け渡す際に請求するものですが、契約時にしっかりと記載をしておかないと請求ができない場合もあります。

この記事を読む

濁水・廃水の処理方法

作業員

濁水処理をする際には、「水質汚濁防止法」によって排出するpH値はpH5.8~8.6の範囲内で収めるようにと決まっています。このpH値で処理するためには、様々な処理方法が用いられているのですが、ダム湖の掘削工事や雨による泥水などを一定薬注量で処理できるMOCシステムや、薬剤自体を使用しない膜ろ過法、コンパクトな濁水処理システムを持つ機械で処理する方法などもあります。これらを大きく分けると、物理・科学的処理と生物化学処理に分けられるのです。建設現場での濁水や、工場から発生する薬剤を含む工業排水はこういった特別な処理方法で対処する必要があり、沈降分離、中和、脱水ろ過が主となっているでしょう。
処理方法によっては、どういった濁水処理もこなすことができる小型機械もあります。小型機械であれば、トラックなどに搭載して持ち運びすることもできるのです。機械の種類によっては、カスタマイズ可能なものもあり、濁水処理するものによって変更することができるものもあります。小型機械といってもその処理能力は驚くほどのもので、大型の施設に負けないほどの力を発揮するでしょう。特殊な粉体凝集剤を使用している機械は、様々な濁水・廃水の処理が可能で、処理をする際に必要とする従来の凝縮剤の10分の1ほどで処理できてしまうものもあり、コストパフォーマンスにも優れています。濁水・廃水の処理方法はそれぞれ会社によって異なるため、処理を依頼する際はネットなどで検索して問い合わせて確認しましょう。

賃貸トラブル

部屋

賃貸人と賃借人間で問題となることが多い原状回復ですが、その理由は支払いを命じる部分が曖昧で判断がつきづらいところにあります。トラブルを避けるためにも国土交通省のホームページなどから確認して把握しておく必要があります。

この記事を読む

修繕のコスト削減

マンション

マンション大規模修繕は、依頼する管理会社によって数百万などの金額差が出てきます。修繕をする規模や工程などは管理会社によって違います。最低限の金額で見積もるのであれば、コンサルティング会社に依頼して調べてみるとよいでしょう。

この記事を読む